課題解決事例

インサート成形の歯車精度が大幅アップ!

課題

他社で製作したインサート成形の歯車精度が悪く、困っているとのことでご相談頂きました。また精度向上のため、寸法にばらつきの少ないインサート部品が調達できないかとのご相談もありました。

提案

他社で製作したインサート成形歯車の精度が悪い原因を追究したところ、インサート部品の形状に問題があることがわかりました。金型にセットしたときの位置が安定せず、成形品の精度に悪影響を及ぼしていました。そのため特殊な金型構造のご提案を行い、金型内でいつも同じ位置にセットされるようにした結果、歯車精度が安定しました。但しインサート部品の寸法のばらつき分の誤差はどうしても改善できませんでした。お客様の強いご要望によりインサート部品の製作もご依頼頂き、かなりシビアな寸法で金型を調整することで満足して頂ける歯車精度を達成することができました。

ポイント

1.インサート部品の精度が歯車精度に直結
2.インサート部品と金型は同じメーカーに
  発注がベスト

お客様の声

インサート部品の製造も依頼できるとは思っていなかったので、相談してよかったです。最初からギヤプラスさんにお願いしとけばよかったなと後悔しております。次回の新型もお願いする予定です。ありがとうございました。

歯車一筋だからこそ、
できることがある。

ストーリーをみる